March 18, 2006

舟来山

古墳の石室内部が赤く塗られた赤彩古墳の公開があったため
舟木山古墳群にいってきた。

九州の装飾古墳を想像していったけど、それほど赤くはなかった。

ついでに、ちょっと足をのばして根尾村の薄墨桜を見に行ってきたけど、
まだまだ冬で、咲く気配すらなかった。
ウォーキングイベントをやっていたけど、ちょっと早すぎって感じ。

2006_03_18neo
薄墨桜


| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 10, 2005

近い飛鳥博物館

シクロクロスの全日本選手権のため堺に移動。

途中、近い飛鳥博物館
隣接する近つ飛鳥風土記の丘で一須賀古墳群を見学。

博物館は特別展とともに埴輪の展示が多かった。
展示物は少なかったがかなり立派なたてもの。
はにわマグカップなるものを買ってしまった。

風土記の丘はそこらじゅうに横穴式の石室が開口していたり
残骸が多数残っていた。
現在では、公園として整備されていて散歩には最適だけど、
当時は神聖な場所だったのだろう。

2005_12_10asuka
黄泉への入り口。
古代人がみえる?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 12, 2005

春日井シンポジウム

今週も考古学モードで春日井シンポジウムに行ってきた。
今年は、伝説に歴史を読むというテーマ。
草薙の剣を盗んだ道行の話と飛騨の両面宿儺の話が
おもしろかった。ほかは、かなり眠ってしまった。

明日も参加する予定だったけど、時代的に新しいテーマだし
森浩一先生の講演が体調不良で中止になったので
シクロの全日本に向けて自転車モードに復帰予定。
体重72.6kg 体脂肪21.5%からスタート。

帰りに映画「ヴェニスの商人」をみた。
原作は読んだことがないけど、
自分のなかでは、釈然としない終わりかただった。
若いキリスト教徒がユダヤ人金貸しに比べて幸せすぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

東之宮古墳シンポジウム

犬山の「東之宮古墳シンポジウム」に行って来た。

東之宮古墳は9月に現地説明会にも行った。
犬山市の成田山の裏山山頂に3世紀後半に築かれた
前方後方墳。

11面の銅鏡や精巧な石製品が出土し、築造方法も
山頂部に盛り土をした特異な古墳であるという位置づけで
シンポジウムは進められた。

思いがけないひとと再開したり、若い先生の新説を聞けたり、
白石先生の話はやっぱり重みが違うと感じたりと
収穫の多いシンポジウムだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

東之宮古墳現地説明会

八曾は午前中で切り上げて、MTBで東之宮古墳の現地説明会へ。
午後は暑くこっちのほうがつらかった。

東之宮古墳は成田山の裏山の山頂にあり、
今の犬山城や木曽川、濃尾平野が見下ろせる位置にある。

2005_09_18higashinomiya1
東之宮古墳から犬山城を見下ろす。

三世紀ごろの前方後方墳で今回の調査で葺き石があることと
山頂部を削りだして作ったのではなく平坦部を整地した上に盛り土をして
造られたことが確認された。

以前に発掘された副葬品の多さからも、かなりの勢力の
首長の墓みたい。
2005_09_18higashinomiya2
葺き石発掘中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

現地説明会

午前中に大垣の昼飯大塚古墳、
午後に養老の象鼻山3号墳の現地説明会に行ってきた。

とても暑くて油断していたら日焼けしてしまった。
真夏の発掘調査はとてもつらそう。

2005_08_27sun
残暑は厳しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2005

宝塚古墳

青山高原ツーリングの後、

松坂市のはにわ館を見学。
宝塚古墳から出土された埴輪が展示されている。
完全な形で出土された船形埴輪が有名。

企画展として吉野ヶ里遺跡の展示もあった。
舟形埴輪は以前に見たことがあったのであまり新鮮実はなかったけど
吉野ヶ里のほうは近畿や東海と出土品の種類、質が違っていて
興味深かった。

宝塚古墳は一号墳の造り出しが復元されていた。

斎宮歴史博物館にも行きたかったのだが、
自転車の時間が延びてしまったので行けず。

2005_08_03takarazuka
宝塚一号墳の復元された埴輪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2005

久留部遺跡現地説明会

午後、多度から自転車で久留部遺跡の現地説明会へ。
奈良時代前後とみられる大規模な建物後が発見されている遺跡で
バイパス工事の際見つかった。

建物郡からは遺物が見つかっていないため、今回は遺物の発見のため
遺跡の南低地部分を三重大学が発掘。

予想された奈良時代の遺物は発見されず、その前後の弥生時代、平安時代以降の
土器等が発掘された。
北の低地部からは奈良時代のものが発掘されるのではと推測していたけど、
期待のものが出土しないことからもいろいろ推測できるのが面白い。

遺跡全体の説明で、なんとなく当時の倉庫郡、役所郡がイメージできた。

2005_03_20kurube
現説の風景
そういえば、レーサージャージのおじさんがいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2005

久留部遺跡 現場確認

多度練後、先週、講演会に出席した久留部遺跡へMTBでいってみた。

三岐鉄道の大矢知駅付近ということを頼りに適当に走る。
大矢知駅の近くに長倉神社という神社があって
この辺かなと思っていたらあった。

もっと平坦部分にあるのかと思っていたけど、
伊勢湾を見下ろす丘陵地の端。
発掘は行われておらず、ブルーシートがかぶせてある。
もう発掘調査完了のはず。

2005_02_27kurube
四日市街が見下ろせる場所にあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

久留部遺跡

雨で練習できなかったため、午前中ローラこいで、
昼からは四日市で開催された
「第2回久留部遺跡シンポジウム」に行った。

四日市の久留部で奈良時代後期の倉庫跡が発見され
日本書紀にも出てくる朝明郡の役所跡と比定されているのが
久留部遺跡。

講演内容は
「朝明評と大海人皇子」
「北伊勢と伊勢神宮」
壬申の乱の大海人皇子の移動経路のイメージが少しつかめた。
また、朝明郡内に額田や豊田の地名があり
額田、豊田は愛知県固有の地名ではなく、
ひろい田、豊かな田などをそう呼んだ名残なのだろうと思った。

まだ現地に行っていないのでそのうち行かないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧