July 06, 2008

実業団富士SW

約1年ぶりの実業団レースに富士SWへ。

久しぶりなので、危うくサインするのを忘れそうだった。
今回チームからは、BR2に4名、BR3に2名。
最近、ヒルクライム部隊が凄い結果を残しているので
平坦部隊もちょっとは結果をださないと・・・。

14:00に11周回のレースがスタート。
走れるかどうか心配だったけど、集団では問題なく
たまには前にも出れたけど、だんだん登りがきつくなり
スピードが上がると苦しくなる。

そんなんで、ラスト一周。まるいちのK村さんがアタックして
単独で逃げるが吸収されてしまう。
最後の登りでペースが上がる中、力なく後方に下がり
落車も発生して94位でゴール。
チームも落車で崩壊しずぶずぶでした。。

終了後BR3を観戦、S本さん、T本君が積極的に前に出て展開。
最後に落車が発生して、見ていて怖かった。
チーム員は全員無事生還。

それにしても、40代パワーが凄かった。

2008_07_06fuji_sw
富士SW


| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 17, 2007

西日本実業団

今年2回目の実業団レース。
全然、絞れていないのでかなり厳しい展開になりそうだったけど
チームランキングが6位なのでなんとかポイントゲットしたいところ。

それにしてもBR2はいい。無理して前に並ぶ必要もなく
ほぼ最後尾に並ぶ。
スタート後はとりあえず前に出て、くだりを前方で下る。
登りは天笠さんが単独で何回も飛び出すも誰も追わず
淡々と進む。
最後の登りでは多少遅れてもそのあとの下りで追いつけるので
無理せず登る。
4周目の下りで集団分割しそうだったけど、登りの前でまったり状態に
なってしまい結局大集団に。

5周目最後の登りでペースが上がるのはわかっていたけど
ちょっとスピード域が上がると着いていけず千切れる。
レース中一度も見なかったエースさとう君が集団後方にくっついて
行くのを見送って30位でレース終了。

体重オーバーと追い込み練習不足。
ビリーに頼るしかないかも。

2007_06_17hiroshima
BR1は凄い。9周なのに平均スピードは上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2007

実業団 群馬カップ

自分にとってBR2での実業団が始まる。
はるばる群馬まできたけど、なぜかBR2だけ雨。
今回は、かたおか君、さとう君とVerdad3人体制での出場。

序盤は、かたおか君と集団前方に位置して展開。
でも、気温5℃ぐらいで雨に濡れめちゃくちゃ寒い。
夏用長袖なんて冷却能力を上げているだけ。
途中で雷もなりだして、ひどい状況。

とにかく寒くてブレーキもまともに握れない感じ。
からだを温めるために無理やりダンシングしたりしたけど効果なし。
中盤からペースは落ちているのにどんどん集団が小さくなっていく
サバイバルレース。
その中で、エースさとう君が前にあがってきて調子のいい感じ。

自分はラスト三周で完全にからだが動かなくなり集団から切れ
あとはエースに託した。
レース中、寒さでふるえが止まらないのは初めての経験。
歯はカチカチなりっぱなし。

2007_04_28gunma
レース後、憔悴した様子のエース。
サバイバルレースでの健闘。今年の活躍に期待。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

実業団群馬

実業団群馬
エース弱気なさとうくん。
全員でアシスト。
Verdad初勝利の予感!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2006

実業団 飯田

今年の実業団最終戦のため飯田へ。

天気もよくて最高だった。
午前中はBR1,2のレース観戦。BR1は完走24人とかなり厳しい展開。
最後は集団も崩壊してバラバラに。BR1はちょっと違いすぎ。

このコース、途中激坂があったりして登りがこなせないとかなり厳しい。
しかし、ゴール付近は平坦と展開が難しい。
今回はMTBトップ選手である小野寺選手が出場のためさらに厳しい展開を予想。

スタート直後の登りはいちおう、お約束の奉仕活動で先頭に立つ。
その後の登り基調区間ではちょっと下がるものの、ふらつく選手が多すぎて
危ないので前にあがる。小野寺選手をいちおうマーク。
激坂区間も前のほうでクリアしアップダウン区間へ。
ちょっと長めの緩斜面登り区間で小野寺選手が先頭を引くと
つき切れしそうに。一人だけ楽そうだった。

3周目で、集団は10人以下に絞られ、小野寺選手が軽く逃げ状態。
それを5人のパックで追走?完全に流し状態の小野寺選手に
平坦区間で追いつくものの登りであっさり先行していく。

さらに、激坂でキャメロン選手がアタック。反応できず4人でゴールまで。
スプリント力は全然ないので5位でゴール。

楽しい実業団レースが終わった。

2006_10_15iida
BR1序盤の逃げ。同じ人間とは思えん。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 08, 2006

実業団 富士山ヒルクライム

昨日に引き続いて今日も実業団レース。
それも、激坂の富士アザミライン。後半は20%が続くひどいコース。
でも、去年のツールド信州みたいに、最終ステージの最後の坂じゃないので
ちょっと気楽。

今回は、軽量化作戦、前日のおやつはビールメインで
固形物はチョコレート+α程度。朝食もあんぱん+チョコレートで
すぐ出る水分以外はあまりとらないようにした。
でも、宿で夜が寒すぎ、ちょっと風邪気味になってしまった。
こたつも出てたんだけど。

好天の中、スタート、最初の10%の緩斜面は昨日に続き
ボランティア精神で先頭を引き、1分前にスタートしたBR2の
集団の中盤まで引き上げさせていただきました。

勾配がきつくなったところで、自分の役目は終り、
あとは、こびとさんたちの世界。
蛇行しつつもなんとか9位でゴール。
レース後、
「いつもいい仕事してますね」と声をかけられた。
次のレースもしっかり働かさせていただきます。

2006_10_08fujihc
ヒルクライマーI田氏。富士山なんて低いもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2006

実業団 富士スピードウェイ

約一ヶ月ぶりのレースに出場のために
来年からF1が開催される富士スピードウェイにやってきた。
参加者は少ないだろうと予想していたけど、普及大会にしては多く150人。
でも、平地だし、風は強いし集団ですすむだろうから、明日のHCに備えて力温存作戦。

レース前、まるいちのS藤さんと、他の選手の脚を見ながら
「ことひとは今日の人ですね、あのひとは明日のひとですね」
と筋肉観賞。
でも、やっぱり今日のひとのほうが、迫力が凄く、
ピクピクな筋肉で邪魔するんじゃねえぞって脅されている感じ。
「こうしてみるとぼくらの脚は完走目指してがんばりますって感じですね」
と来年に向けて、見せる筋肉を造ろうと決意しながらスタート。

予想通り、集団のまま展開。シケイン後から最後のストレートまでの登りが
意外にきつく、ちょっと中切れ気味だったので、
最終周はシケインを前でクリアし、ストレート入り口でちょっと前にでて
だれかのお尻を借りてゴールする作戦。

で、最終コーナーを抜けて2人がちょっと飛び出し、これを吸収し先頭に、
ここで、ちょっと脚をゆるめて集団に飲み込まれて、いい位置をキープして
のはずだったのだけど、誰も出てこず、

Verdadトレイン形成。チームメイトなんていないのに。

すっかりボランティア状態で、150人のために引き続けます。
200m手前のゲート前から、スプリントが始まるものの、着いていけず、
6位でゴール。 ハムストリングが死んだ。

2006_10_07fujisw
BR2のスプリント。K岡君&T岡選手

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 14, 2006

ランキング1位

実業団BR3の暫定ランキングで1位に昇格。

最近、実業団の大会プログラムを見ると
自分って、かなり年齢が上のほう。

このことに気がついてかなりショックだったが、
10代、20代の選手相手によくがんばった。

そろそろ潮時ってやつを感じてみたいのだけど。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 03, 2006

全日本実業団

今日も快晴のなか、実業団最重要レースは
福島県石川町で人知れず開催された。

BR3は13kmを4周で54kmぐらい。
BR1は180km!ありえない。
BR1が通過してからBR3スタート。
S藤さんと最前列に上がりペースを上げる。
けどあまりばらけなかったので引っ込む。

1周目に周回賞があったので、
ちょっと飛び出して人知れずゲット。

あとは、集団内でおとなしくして
最終周の登りへ、集団はぜんぜん小さくなっていないので
飛び出しに注意しながら前のポジションをキープ。
3人でちょっと抜けて、そこから一人逃げられ、
さらに2人にかわされたもののなんとか4位でゴール。

来年はBR2飛び越してBR1にいってしまいそうな雰囲気。
サイボーグ化するか普通の人になるかの選択を迫られる。

死のロードが終了。無事生還。ちょっとお休み。

2006_09_03ishikawa
BR1の風景。機械のからだを手に入れる旅に出ないと。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 02, 2006

福島へ

全日本実業団のために福島へ。
ひさしぶりにエアを使った。セントレアなのに
バスに乗せられて、滑走路を歩かされて
バスみたいなプロペラ機で約1時間。

天気は快晴。それ程暑くなくて爽やかな感じ。
須賀川の博物館を見学して開催地の石川町へ。
S藤さんと合流して試走。きついのぼりがなくていい感じ。

夜は、和泉式部に由来するという猫啼温泉宿泊。
いい感じの宿だった。
相変わらず、ビール350×2+おやつを食べて就寝。

2006_09_02ishikawa
初めてのプロペラ機。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧